”DESTURE”の誕生

サラリーマン時代、沼津支店に勤務していた頃、具体的な活動はしていなかったものの、
常にパブのことを考えていました。
たまたま、沼津市内にカナダ人が経営するパブがあり、市内に車関係の
大きな工場&研究所があった関係で、多くの外国人も訪れ、私は、英語のプライベート
レッスンのつもりで仕事帰りによく立ち寄っていたんです。

そこで出会ったスタッフの女性と”夢=パブ”について、いろいろ話すようになり、ある日、英国のお客さんも交えながら議論していた時に、その方から、
「ところでお店の名前なんて決まっているの?」
と、突然、質問され、
「まだ、全然考えていないよ」
「じゃ、決めようよ!」
となり、その話題で急にその場が盛り上がってしまい、いつの間にか他の外国人も参加し、あれこれたくさんの候補があがりました。
どれも私にとっては「ん~」って感じで、“ピン”と来るものがなく、迷っていた時に、
スタッフの女性が、
「Akiさん、当然いつか会社を辞めるでしょう?」

「そうだね~、本格的に活動する時には決断するつもりだよ」

「それって、凄いことですよね」「普通、Akiさんの勤めているような安定した会社を
辞める人少ないじゃない?」

「そうかもね、わざわざ不安定を求める人も少ないかもね」

「でも、人生一度だけなんだから、自分の人生を納得いくよう変えていくのは、当たり前のことかもしれないですよね~」「でも、なかなかそれができないのが現実なんでしょうけどね!それに挑戦するんだから、将来に向け運命を大きく変えていくんですよね~」

「あっ、今、何て言った?将来に向け運命変えて・・・」
「運命=Destiny、将来、未来=Future、それもらいだよ!運命+将来=DESTURE」
「どう?DESTUREこれよくないかな?」

女性スタッフおよび友人の外国人にもお墨付きをもらい、こうして2005年秋に、“DESTURE”が誕生したのです。
[PR]
by desture | 2009-04-29 15:30 | お店の名前
<< 不味い料理の代名詞? 出会い >>