彼岸花の会

明日は、先週に引き続き里山地域のお手伝いに行ってきます。
昨年の今頃はイギリスの地で、カントリーパブ巡りをしていたのですが、いつも夕方になると(夕方と言ってもこの時期のイギリスは夜の10時近くまで明るいのです)町外れに小高い丘があるのですが、たいていそこに車か自転車で行き、一人たそがれていました。

「どうすれば夢は実現するのだろう?」
「こんなところでのんびりしていていいのか?」
「もしかしたらこのまま実現せずに終わるのではないか?」

時々、不安に襲われる時もありました。
今、私はゆっくりですが明らかに夢の実現へと近づいている気がします。全く何もあてもないところからスタートし、”根拠のない自信”だけでここまで来たのですが、今、こうして開業場所の地域住民に溶け込む事が出来たんです(まだまだですが)。
このようなチャンスをくれた神様に感謝するとともに、たくさんの方々のご協力があって今こうして地域行事にも参加できることが本当に幸せです。

彼岸花が咲き乱れ華やかなイベントが実施される蔭には、草刈り等の大切な手入れがあって、初めて来訪されるお客さまに感動を与えることが出来るのだと思います。また、その喜んでいる姿を見て、我々も感動することが出来るのだと思います。

”DESTURE”は今、草刈りの真っ最中です。しかし、その次には素晴らしい感動が待っているはずです!私はそんな気持ちを持って明日の”彼岸花の会”参加したいと思います!
[PR]
by desture | 2009-05-15 15:36
<< 彼岸花の会に参加して 絶好の場所なんですが・・・ >>