家具職人

いや~今日は本当に蒸し暑かったですね!昔から人一倍汗っかきでしたので、今日のような日はもう大変です。少しでも外を歩けば、サウナから出てきた状態です・・・笑。

さて今日は”DESTURE”の内装の中心である、家具を依頼する予定の家具職人さんと打ち合わせをして来ました。とは言ってもまだ場所が決定していないので、具体的なものはありませんが、ちょうど2ヶ月前にカントリーパブに関する情報と私のパブとカフェのイメージをお伝えしたことをどの程度把握しているかの確認をすることが主な目的でした。

こちらの家具職人さんは、過去にイギリスに1年程滞在していたご経験があり、私の言いたい内容もかなりストレートに伝わりました。また、ものづくりに関する考え方がとても気に入り、”この人に依頼すれば間違いない”と思わせるものでした。
もちろんお渡しした資料も見ていただいた様子で、はっきりと言ってはもらえませんでしたが、職人さんなりのイメージは頭の中に浮かんでいる様子を感じました。

”DESTURE”において、空間を演出する家具達はとても重要であり、ここにコストをかけることは必然です。
全体の予算の中でかなりのウエイトを占めることになりうると考えています。(もっとも、全体予算に限りがあるので、出せる金額のマックスは決まってしまいますが・・・)
予想していたとおり、私の伝えたいイメージを把握してくださっていることが確認でき、また、今後のスケジュールについて確認をし、今日の打ち合わせは終了いたしました。

あっ、そうです!今日の打ち合わせには”DESTURE”のパンを持参しました!5種類のパンを食べていただき感想をいただきました。今後はパンのスタッフの綾さんに出来る限りご協力をいただき、このような機会を利用して”DESTURE”のパンを宣伝していきたいと考えています。

明後日は箏の演奏者でもある女性ライターさんとその友人であるアメリカ人の女性(この方も箏の演奏者)とお会いします!また、どんな出会いになるのか楽しみです!
[PR]
by desture | 2009-07-07 23:03
<< 新たな出会い 新しい空間 >>