新たな出会い

昨夜は久しぶりに深く飲んでしまいましたが、やはり、ギネスは私の体に合っているのか、二日酔いなど全くなく、むしろさっぱりした気分で朝を迎えることが出来ました!
でもその原因はやはり、また素晴らしい出会いがあったからだと思います。
人が人を繋ぐ、当り前のようですが、結構難しいような気がします。何も行動しなければ当然、出会う機会などありません。自ら行動して初めて人と出会い、様々な考え方や生き方などの発見があり、影響を与えてくれるのです。

昨夜お会いした方は、今年の2月に東京神田で行われた”青森県出身者の集まり”で、知人の紹介により、東京生まれ神奈川育ちの私が参加し、出会うことが出来た、”箏”の演奏者&ライターの女性です。
この時に聞いた”箏”の音色に感動し、「DESTUREでも演奏してもらいたい!」と思い、ご挨拶をさせていただいたのがきっかけです。
その後、しばらくご無沙汰していたのですが、先月、コンサートのご案内をいただき、もちろん参加する予定でしたのですが、開業に関する打ち合わせがあり参加できなかったので、改めて時間をつくりお会いすることになり、昨夜東京目黒にてお会いしたのです。

新たな出会いとは、もう一人の方でアメリカ人の”箏演奏者”です。
先日のブログで”アメリカ人の女性”と明記してしまいましたが、実は男性の方でした。箏=女性というイメージが、先入観としてあり、最初に現れた時は「う!やばい」と思いました。

実は今、このブログを打っている時も、BGMとしていただいたCDを聞きながら、心地よい気分で打っています。
何か懐かしい気分になり、心が穏やかになります。私たち日本人が忘れかけていた(私だけかな?)、和の音
の素晴らしさを改めて心で感じています。
こちらのアメリカ人の方も、たくさんの情報を持っており、”DESTURE”の概要を少しお話しただけで、参考になる情報を提供してくれました。そして、今聞いているCDをいただき感激です!
残念ながら途中でお帰りになりましたが、物腰が柔らかくとてもフレンドリーで、感じのいい人でした。

その後も盛り上がり、平日だと言うのに、二軒目のパブに行き、日本なのに”ここは外国?”と思わせる、異国情緒たっぷりな雰囲気のお店でした。

お二人からいただいた貴重な情報をさらに有益なものにするよう、とにかく”行動”したいと思います。

二件目のパブまた近いうちに絶対に行きた~い!です。
[PR]
by desture | 2009-07-10 14:34
<< 人の繋がり 家具職人 >>