歴史をつくること

私が”DESTURE”を開業する場所は、通常であるならば飲食店等を開業することは難しい場所ですが、近年、地元農家さんが中心として活動している地域活性化を目的とした団体の動きが活発化。また、里山公園が出来たことにより茅ヶ崎市をはじめとする周辺地域からの交流人口も週末を中心に増加傾向にあること、さらには、そうした中でマーケティング調査(アンケート)をしたところ、カフェ等の飲食店を求めていること。

実は私が開業場所として決めた時は、そこまで確認や調査をしておらず、ただ”根拠のない自信と自分の思い”だけで決めていました。(全くの思い先行型です!)
しかし活動を進める中で、前述のとおり好条件はそろって来ているものの、都市計画法上の市街化調整区域ですので、簡単には進むはずがないと思うのは当たり前だし、通常は諦めてもおかしくないと私も思います。

しかし、昔から「規則だから」とか「法律で定められているから」とか「わざわざそんなめんどくさい事をしなくても・・・」などと言われると、逆に「何とかしてやる!」とパワーが漲ってしまうんです。
もうこれは性分と言うか宿命というか・・・。先日東京でお会いした方も、人は大きく分けて、冒険などせず地道に人生を歩む人と、私のように何かに挑戦し続ける人とに分かれるそうで、本当にわかる気がします。

私は茅ヶ崎の里山地域に新たな風を起こしたいのです。今までにない”歴史をつくること”それが今、私が挑戦し人生をかけている夢です。

明日はパンのスタッフとともに大磯の友人が代表になっているNPO法人の事務所に行き、ご挨拶と”DESTUREのパン”をPRしに行ってきます!
[PR]
by desture | 2009-07-15 23:11
<< Simple&Homely 横浜で・・・ >>