Simple&Homely

イギリス料理は日本人にとっては、あまりなじみのない料理だと言うことは以前にもこのブログで述べました。
イングリィッシュ&アイリィッシュパブという空間は、かなり浸透してきていますが、こと料理になると、せいぜいフィシュ&チップス程度しか知られてなく、おまけにあまり美味しいというイメージがないみたいなのです。

しかしながら、”DESTURE”はイギリスのカントリーパブのスタイルと和の文化も取り入れ、今までにない空間を演出したいと考えています。そのような観点からすれば、伝統的なイギリス料理をお客さまにお出しすることは当然です。

先日お会いした友人(女性)から、「イギリス料理は素朴ですよね~」と言うご意見をお聞きし、私も「本当にそのとおりだ」っと思いました。イギリス滞在中に食べたカントリーパブでの食事は、どれも素朴で素材の味をストレートに活かしているように感じました。それは調理方法にも現れているように感じます。単純に焼く、茹でる、揚げるだけであまり手の込んだ料理ではなかったように思いました。
地産地消をお店のコンセプトに掲げている”DESTURE”にとっては、イギリス料理はもしかしたら地元農家さんが育てた農作物を最大限に活かしてくれるかも知れないと思うのです。(Simple is best!)

明日は、里山(開業場所)の近くに流れる川の草刈です。9月下旬に観賞することが出来る彼岸花のためです。朝、7時からと早いので今日は早めに寝ることにします!
でもその前に後輩が経営している地元のBARへ行ってギネスを飲みに行きたいと思いま~す。
[PR]
by desture | 2009-07-17 17:54
<< 草刈り 歴史をつくること >>