地元住民からの応援

今日は雪が降り続く中、午前中10時15分~11時30分まで営業をいたしました。
もちろん、今日の売り上げ予測はゼロかもしれないと覚悟していたのですが、準備を終えた直後、早速ご夫婦がおいでになり、5~6種類程度お買い上げいただきました。
もちろん、リピーターの方で幸先の良いスタートとなりました。
その10分後には、ゴミ収集車(茅ヶ崎市のものではありません)の運転手さんがお越しになり、
「いつも通り過ぎていたんだけれど、仲間に買ってきてくれと言われて・・・」
とのことで、何と5種類5セットも購入いただきました。(ありがたいです)

しかしながら、やはり今日は移動販売には適していない天候です!
雪も激しくなった頃、ミキサーの業者から電話が入り、作業所に戻らなくてはならなくなりました。
実は、今朝、突然ミキサーが動かなくなり、明日の仕込みに赤信号がともされたのです。
「本日、午後に!」とのことでしたが、いち早く撤収して、戻ることにしました。

戻ろうとリヤカーを走らせた時に、車に乗っているご夫婦からお声がかかり、販売することになりました。

そしてとても感動したのです!
奥さまから、

「いつも車で通り過ぎていたんだけど、タウンニュースを見て、カントリーパブ&ダイニングカフェのことを知り、応援したくて来たんですよ!」
との事で、
「本当に頑張ってください!ただ建物を作るのではなく、環境に配慮した素敵な建物、空間を作ってほしいの」
「行政の方へも、機会を設け、その必要性を地元住民としてお話して来るわね!」
っと何とも心強いお言葉をいただいたのです。

本日の売り上げは、通常の土曜日からすれば、とても少ないものでしたが、それよりももっと大切なもの、地元住民の方の、”優しさ”を感じた、DESTUREに取ってとても重要な日となりました。
とても寒い日でしたが、心に響くとてもあたたかい気持ちになった日でした!

モチベーション上がりましたよ!
[PR]
by desture | 2010-02-13 20:37 | The story of desture
<< 完売! 2月14日(日)の営業について >>