2009年 05月 07日 ( 1 )

熱海のパン屋さん

今日は以前から気になっていた熱海のパン屋さんに現地調査にでかけました。
何故、このパン屋さんを訪れることにしたのか?
それはこのパン屋さんの開業場所が、熱海と函南町を結ぶ県道沿いにあり、お店の造り込みも、ガーデン&雑貨&パン&カフェとパブ以外のところは、とても”DESTURE”の求めている空間に似ており興味を持っていたからです。

先ずは外観ですが、たぶんフランス郊外のカフェを意識したのか、白を基調にペイントされ清潔感を感じさせる外観でした。エントランスも”いい感じ”の雰囲気を醸し出していました。
中に入り、直ぐ右横に雑貨店があり、左側にはパン販売とカフェがあります。また、今日は生憎の雨でしたが天気の良い日にはガーデンでも食事ができるようです。

パンについては、種類は50種類程度あり、購入後、希望があればカフェで食べることができます。
またガーデンもとてもセンスよく整備されていました。
個人的にはパンの味は?って感じでしたが、全種類においてパンの大きさは小さめであり、その理由は、数多くの種類を食べてもらいたいためとのことです。

雑貨店の商品内容については、全く興味はわきませんでしたが、女性のお客さまを中心に人気があるようです。

全体的な総評としては、雰囲気もよく合格です!
しかし何故、交通の便が悪いところにお店を構えたのだろう?また、何故、これほどまでに女性に人気があり、数多くのお客さまが訪れるのだろうか・・・?
必ず原因はあるのだから、見つけ出したいと思います。
[PR]
by desture | 2009-05-07 01:56