2009年 05月 12日 ( 1 )

こだわり

b0173756_147108.jpg
今日はかなりアクティブに動きましたね~。開業場所の有力候補が見つかった関係で、農協の不動産関係者への連絡から始まり、茅ヶ崎市役所の開発審査課へ訪問、そして最後はもっとも”こだわり”を持っている内装部分の打ち合わせでした。

以前、今回の建築物は出来るだけ手造りということは述べましたが、やはりパブ&ダイニングカフェのところは一番重要なので、そこは”こだわり”を持ちたいと考えていました。コスト面を考えると、どの程度の予算をはりつけることができるかは今のところ具体的な数字は出ませんが、私の考えは明らかに全体費用のかなりの%を占めることになることになるのかと思っています。

今回依頼する方に私の思い描くイメージとCountoryEnglishPubの具体的な内容を伝えるために、私が取材した資料を取りまとめたものを持参し、それを見ながら打ち合わせをしました。
打ち合わせが進む中で、改めてこの方に依頼してよかったな~と思いました。それは、空間づくり、ものづくりに関する基本的な考え方が私と同じだからです。
「この方とコラボすれば絶対にいい空間を造り出すことができる!」
と思いました。同席した綾ちゃんも「この方に依頼するのは間違いない!」と同感してくれました。

依頼者として、ただ丸投げではなく、私がこの方を今までにないくらい”のせたい=その気にさせる=仕事の域を超えさせる”と心から思いました。ご本人にそのことを伝えたら、「とんでもないことになりますから、勘弁してくださいと」嬉しそうに言ってくれたのが、とても嬉しかったですね~。

まだ沢山越えなくてはならないハードルがありますが、一つ一つ解決しながら”DESTURE”を実現します。


追伸:二宮での打ち合わせの時間調整をしている時に、偶然にもある公園を見つけました。この時期ホタル等も見ることができるそうです。とてもきれいな湧水が出ていました。(最初にある写真がそうです)
[PR]
by desture | 2009-05-12 01:50