2009年 05月 13日 ( 1 )

自然素材

いよいよ開業場所が決まりそうな気配が感じられる今日この頃ですが、開業場所が里山付近ということもあり、やはり、お店の建築物については、自然環境や周辺の景観を損ねない自然に配慮した建築物を建てたいと考えています。特に素材についても極力自然素材を使用し環境に優しい建物を建てたいと考えています。
具体的には、現在検討している建物が切り妻の屋根なんですが、両面の一方は西洋芝のプレートを敷き詰め、もう一方は数種類の草花を植えたいと考えています。また、壁面は友人の建築士からの情報提供で、ストローベイルを使用したいと考えています。いずれの施工も断熱効果に優れ、環境にも優しい。しかも、セルフビルドも十分に可能であることも決定した理由の一つです。

”DESTURE”では、冷暖房もできるだけ電気・ガスに頼らず、暖房は暖炉又は薪ストーブで、冷房は扇風機を最大限活かしたいと考えています。
どこまでできるかわかりませんが、環境に配慮した設備を通じたPRは”DESTURE”の重要な理念の一つです。
[PR]
by desture | 2009-05-13 01:41