2010年 09月 09日 ( 1 )

DESTUREからの重要なお知らせです!(その1)

皆さまこんばんは。
DESTUREの代表の高山です。
今日は昨日の雨の影響もそれほど残らず(小田原の方ではかなり大変なようでしたが・・・)
寒川倉見工房前にて販売することができました。あまりロスを出したくないので、今日は控えめに製造した関係で、ほぼ午前中で完売となってしまいました。売上的にはまだまだですが、やはり完売ということは気持ちの良いものです!

さて、タイトルどおりDESTUREから重要なお知らせをさせていただきます。
それは、DESTUREの店舗開業についてです。
「いよいよかな?」と思われる方もいらっしゃることと思いますが、実は、今回の開業は、以前から皆さまにお伝えしていた里山公園周辺での開業ではなく、現在、工房として機能している寒川倉見での開業についてです。

昨年12月9日よりスタートしたリヤカーでの移動販売は、DESTUREの目標である、茅ヶ崎芹沢
の里山周辺に”カントリイングリッシュパブ&ダイニングカフェ”を開業することを自らの説明でお客さまに伝えていくことがとても重要であるとの判断から実施することを決めました。

カントリーパブを茅ヶ崎里山にと言うことは、とても難しい条件があることは、重々承知の上でスタートをきりました。ハードルは高いものの、諦めずに挑戦することで、必ず活路を見いだせると信じて、リヤカーでの販売に集中してまいりました。

幸いなことに、スタート当初からメディアに取り上げてもらったり、有名なブロガーさんにご紹介いただいたことで、予想をはるかに超えたスタートとなりました。その勢いをそのまま、店舗開業に向けた活動の一助としたかったのですが、なかなか土地の交渉が上手くまとまらず、今年の夏を迎えてしまいました。

当初から移動販売の欠点は、売り上げが天候に左右されてしまうことです!それに加え今年の猛暑が
追いうちをかけるかのようにお客さまの活動を抑制しました。
それは、予想をはるかに超えた結果となり、何とか対策を考えなくてはならないと思い、先ずは天候に左右されるところを解消するために、雨天の日は寒川倉見工房前にて販売をすることを決めました。そして6月4日初めて倉見で営業をすることが出来ました。
その結果、予想をはるかに超えたお客さまに来ていただき、寒川でのその後の販売に自信を持つことが出来ました。

しかし・・・。冒頭で触れた今年の夏の異常なほどの暑さです。

DESTUREも6月下旬ごろから売上が下がり始め、7月、8月の売り上げは想定していない結果となりました。そのような状況も手伝ってか、店舗を持つことの重要性を痛感し、今回の決断となりました。

しかしながら、当然、今回の開業は、最終的な目的ではありません!あくまでもDESTUREの目標は、茅ヶ崎の里山周辺に店舗を構えることです!
お店が出来ても、リヤカーでの移動販売は、私の体力が続く限り続ける予定です。


             私は絶対に諦めません!


お店の内容につきましては、また、明日のブログに投稿したいと考えています。



<明日の営業について>
○販売場所:寒川町倉見519-5
○販売時間:午前7時~午後1時まで
     ※なお、完売次第終了させていただきます。
 

[PR]
by desture | 2010-09-09 23:13 | The story of desture