<   2009年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

鎌倉のチーズケーキ

さて、今日は鎌倉まで”現地調査その2”と言うことで、チーズケーキを食べに(調査)行きました。
このお店は今から12年ほど前に初めてお伺いしたのですが、場所は、北鎌倉駅から通称”あじさい寺”に向い、その横にある、一見、普通の民家のようなのですが、2階にお店を構えています。
注意深く周りを確認しながらでないと、簡単には見つかりませんよ!

何と言っても、こちらのチーズケーキの味は絶品です!
ほど良い甘みと酸味がバランス良く溶けあい、何とも上品な味で、とても珈琲に会います。

今日は久しぶりに(約3年)お伺いし、チーズケーキの味を確かめるのが目的でしたが、もう一つの目的は、こちらのオーナーとお話をすることでした。とても穏やかで品のある女性オーナーで、とても感じのいい対応をしていただきました。

こちらのお店は開業当初から現在まで、広告宣伝をすることなく、全て口コミでファンを増やしてきたお店です。現在、関東を中心に全国からお客さまが訪れるそうです。
その理由としては、まさしく鎌倉の隠れ家的な存在であり、スペースは広くないのですが、雰囲気がよく周りも静かでとても落ち着ける空間なのです。
あえてお店の名前等は明記しませんが、是非、鎌倉散策を兼ねて探し当ててください!!

今日の”現地調査その2”で確認出来たことは、やはり”DESTURE”ではチーズケーキは外せないのと、シンプルだけどうなずける独特の雰囲気はとても参考になりました。また、机やいす等も全てオーダーで大工さんに依頼したそうなのですが、10年以上経過したこともあり、いい色に焼けて深みが増してきているようです。

てな訳で、午後1時半~夕方6時までオーナーとたくさんお話ができとても有意義で楽しい時間を過ごすことが出来ました。

*添付されている写真の記帳ノートは12年前に書いたものです
b0173756_23513229.jpg
b0173756_23531571.jpg

[PR]
by desture | 2009-05-20 23:45

ストローベイルハウス

つい最近、”DESTURE”の建物はストローベイルにて施工することにしたことを述べましたが、具体的な行動は、既に先週、知合いの建築士の方からストローベイルハウスのことを教えていただいた翌日には、ネットで調べ、ある団体へ登録を済ませたのです。しかしながら、その2~3日後に”DESTURE”のスタッフから、ストローベイルハウスを特集した雑誌を貸してもらい、早速確認してみました。
その中で、若い建築士の方のストローベイルハウスについてのコメントが書いてあり、その内容にとても共感したのです。
現代の建築物(特に住宅)に対する疑問や問題点、また、家屋が子供の教育問題までに関係していることなどの意見が、私にとって、とても興味を抱かせるものでした。

私は迷わずその方に電話を入れ、ストローベイルにて建設したい旨を伝えました。しかし、何だかハイな気分になっていた私は、他のスタッフが対応しているのだと勘違いし、一通り話をし趣旨を伝え、
「ところで本日、○○さんはいらっしゃいますか?」と確認したところ、実は本人だったんです。
話している間、「このスタッフの方は丁寧な対応で、とても好感が持てるな~」と感じていたのですが、本人とは・・・。

私の夢である”DESTURE”についても、とても興味を持っていただき、是非、具体的なお話を聞きたいと言っていただいたのです。素直に嬉しくなり、先方の事務所は愛知県なのですが、「今、すぐにでもお会いしたい気持ちです」と気持ちを伝えました。今週末か来週末には三重県に建設中のストローベイルハウスのワークショップに”DESTURE”のスタッフと知合いの建築士の方と参加する予定です。

”百聞は一見に如かず”です、実際に自分の目で見て、体験することが理解するには一番早いですからね!
また、運命的な出会いが出来そうです!とても楽しみです!
実はこのストローベイルハウスの建設を通じて、あることを仕掛けたいと考えているんです。具体的にはまだ言いませんが、ヒントは”協力”と”ふれあい”と”達成感”です。
[PR]
by desture | 2009-05-19 23:44

資金計画

まだ正式決定していませんが、もうそろそろ具体的な開業場所が決定する予定です。
そこで、今、取り組んでいるのが資金計画です。今日は融資等の際にも提出資料として必要な、創業計画書を作成しました。(まだ完成していませんが)
実はもうこれで5回以上は修正やらなんやらで書き直しをしています。しかし、これが結構重要で、最初の時には気付かなかったことなど、何回かやり直しているうちに発見するなど、細かい作業ですが重要だと思いました。
事業内容では、・動機・事業経験・お店のサービス、特徴・セールスポイントなど、さらには・必要な資金と調達方法・創業後の見通しなどです。
今回の作成で、前回よりもさらに整理されてきました。
この資料完了と同時ぐらいに開業場所が確定すればベストタイミングですが、まぁ、そううまく事は運ばないものですが・・・。

今日はこれからストローベイルハウスについて調査したいと思います!
[PR]
by desture | 2009-05-18 16:40

彼岸花の会に参加して

昨日、本日と2日間にわたり、茅ヶ崎北部の”彼岸花の会”主催の草刈りに参加してきました。
毎年北部小出川周辺の土手に見事に赤い花を咲かせる彼岸花。新しい観光スポットとして、茅ヶ崎市民はじめ、寒川、藤沢等周辺の住民の方々にも注目されてきているとのこと。

初めて現場に着いた時、あまりの雑草の多さに面食らいましたが、丁寧に草を刈り取り、徐々に土手らしい姿が現れてきました。初日は全行程の半分程度で終了しましたが、その時点で既に体はボロボロで、普段運動不足であることがはっきり認識できました。(本格的な農作業はこんなもんじゃないんだろうな~)

一日目終了後、他の仲間達と里山公園内ある無料休憩施設で一息ついていた時、過去の彼岸花が咲き乱れる風景が施設内にある大画面に映し出された時、思わず息を呑みました!

「真っ赤で綺麗!」「すごーい!」

想像していた姿をはるかに超えていました。と同時に明日も頑張るぞ!っと少しばかり元気になりました。笑

今日は朝から天候が気になりましたが、丁度タイミングよく雨も上がり、作業中は雨が降ることなくむしろ、時々晴れ間が覗いていました。
今日は我々は草刈りではなく、彼岸花の球根を植えることでした。内心今日は楽かな?っと思っていましたが、とんでもありませんでした!スコップ片手に球根を植える穴掘りです。これがまた結構大変で、明らかに昨日の草刈りより大変でした。今、、こうして入力をしている最中も腰やら腕やら背中やらが震えています。
(情けない!)
でも、本当に今年の”彼岸花まつり”楽しみです!少しでも携われたこと素直に嬉しいです!
そして、何よりも嬉しいのは、地元の方たちとの”ふれあい”です!初めて参加した”北部いいとこ市”ではちょぴりぎこちなかったのですが、たくさんの方とお話ができ”ふれあい”を深められたことが本当に嬉しいのです。もちろん”DESTURE”に関する有力な情報も手に入りとても有意義な週末でした。
[PR]
by desture | 2009-05-17 22:21

彼岸花の会

明日は、先週に引き続き里山地域のお手伝いに行ってきます。
昨年の今頃はイギリスの地で、カントリーパブ巡りをしていたのですが、いつも夕方になると(夕方と言ってもこの時期のイギリスは夜の10時近くまで明るいのです)町外れに小高い丘があるのですが、たいていそこに車か自転車で行き、一人たそがれていました。

「どうすれば夢は実現するのだろう?」
「こんなところでのんびりしていていいのか?」
「もしかしたらこのまま実現せずに終わるのではないか?」

時々、不安に襲われる時もありました。
今、私はゆっくりですが明らかに夢の実現へと近づいている気がします。全く何もあてもないところからスタートし、”根拠のない自信”だけでここまで来たのですが、今、こうして開業場所の地域住民に溶け込む事が出来たんです(まだまだですが)。
このようなチャンスをくれた神様に感謝するとともに、たくさんの方々のご協力があって今こうして地域行事にも参加できることが本当に幸せです。

彼岸花が咲き乱れ華やかなイベントが実施される蔭には、草刈り等の大切な手入れがあって、初めて来訪されるお客さまに感動を与えることが出来るのだと思います。また、その喜んでいる姿を見て、我々も感動することが出来るのだと思います。

”DESTURE”は今、草刈りの真っ最中です。しかし、その次には素晴らしい感動が待っているはずです!私はそんな気持ちを持って明日の”彼岸花の会”参加したいと思います!
[PR]
by desture | 2009-05-15 15:36

絶好の場所なんですが・・・

以前、「もうそろそろ候補地が見つかる予感が~」と書きましたが、つい最近、有力情報提供が入り、早速”DESTURE”の関係者と共に現地を確認したのですが、これがなかなかの物件で、”牛舎”と聞いていたのであまりきれいでなく、匂いもあるのかな~と思っていたら、全く問題なく、しかも、建物構造もしっかりして、シンプルな造りになっており、加工もし易いな~と感じ、「これはnice!」と思っていました。

改めて今週日曜日(10日)に、ご協力をいただいている山田議員と一緒に地主さんの奥さん立会のもと、再度確認に行きました。裏庭も確認し、「English GardenもOKだな!」と内心ウキウキしていました。
この物件の詳細については、奥さまはわからないとのことでしたので、後日、ご主人さまの都合のよい日に再度訪問と言うことになりました。

そして、昨日、ご主人さまに物件内容について確認いたしました。でも残念!この物件は、現在の規制の範疇では改築等難しいことが確認できました。当然、地主さんは”貸す気満々”なのですが・・・

しかし、全く不可能ではありません、正式に開発許可申請をすればいいのですが、それには相当の時間がかかり、現実的ではないです。(でもあきらめていません!あくまでも候補地として考えています)

まぁ、最初のトライです!はじめからすんなり行くこと自体このような場所では無理だと思います。
諦めずに、年頭に計画した6月末の開業場所決定に向け積極的に活動したいと思います。
[PR]
by desture | 2009-05-14 15:04

自然素材

いよいよ開業場所が決まりそうな気配が感じられる今日この頃ですが、開業場所が里山付近ということもあり、やはり、お店の建築物については、自然環境や周辺の景観を損ねない自然に配慮した建築物を建てたいと考えています。特に素材についても極力自然素材を使用し環境に優しい建物を建てたいと考えています。
具体的には、現在検討している建物が切り妻の屋根なんですが、両面の一方は西洋芝のプレートを敷き詰め、もう一方は数種類の草花を植えたいと考えています。また、壁面は友人の建築士からの情報提供で、ストローベイルを使用したいと考えています。いずれの施工も断熱効果に優れ、環境にも優しい。しかも、セルフビルドも十分に可能であることも決定した理由の一つです。

”DESTURE”では、冷暖房もできるだけ電気・ガスに頼らず、暖房は暖炉又は薪ストーブで、冷房は扇風機を最大限活かしたいと考えています。
どこまでできるかわかりませんが、環境に配慮した設備を通じたPRは”DESTURE”の重要な理念の一つです。
[PR]
by desture | 2009-05-13 01:41

こだわり

b0173756_147108.jpg
今日はかなりアクティブに動きましたね~。開業場所の有力候補が見つかった関係で、農協の不動産関係者への連絡から始まり、茅ヶ崎市役所の開発審査課へ訪問、そして最後はもっとも”こだわり”を持っている内装部分の打ち合わせでした。

以前、今回の建築物は出来るだけ手造りということは述べましたが、やはりパブ&ダイニングカフェのところは一番重要なので、そこは”こだわり”を持ちたいと考えていました。コスト面を考えると、どの程度の予算をはりつけることができるかは今のところ具体的な数字は出ませんが、私の考えは明らかに全体費用のかなりの%を占めることになることになるのかと思っています。

今回依頼する方に私の思い描くイメージとCountoryEnglishPubの具体的な内容を伝えるために、私が取材した資料を取りまとめたものを持参し、それを見ながら打ち合わせをしました。
打ち合わせが進む中で、改めてこの方に依頼してよかったな~と思いました。それは、空間づくり、ものづくりに関する基本的な考え方が私と同じだからです。
「この方とコラボすれば絶対にいい空間を造り出すことができる!」
と思いました。同席した綾ちゃんも「この方に依頼するのは間違いない!」と同感してくれました。

依頼者として、ただ丸投げではなく、私がこの方を今までにないくらい”のせたい=その気にさせる=仕事の域を超えさせる”と心から思いました。ご本人にそのことを伝えたら、「とんでもないことになりますから、勘弁してくださいと」嬉しそうに言ってくれたのが、とても嬉しかったですね~。

まだ沢山越えなくてはならないハードルがありますが、一つ一つ解決しながら”DESTURE”を実現します。


追伸:二宮での打ち合わせの時間調整をしている時に、偶然にもある公園を見つけました。この時期ホタル等も見ることができるそうです。とてもきれいな湧水が出ていました。(最初にある写真がそうです)
[PR]
by desture | 2009-05-12 01:50

北部いいとこ市

今日は本当に暑い日でしたね~。このブログを書いている今の私の顔は真っ赤に焼けてゆでたこのようです。笑
今日は”DESTURE”開業の地、里山にある里山公園内にて実施された”北部いいとこ市”に参加してきました。もちろん参加ということはスタッフの一員としてです。”DESTURE”のスタッフ綾ちゃんも一緒です。
さらに、私たちの目的の一つは北部の住民の皆さまとのコミュニケーションを深めることです。
はじめは緊張しましたが、配布用のチラシを持って、先ずはお客さまを呼び込む事に徹しました。
その甲斐あってか?徐々にお客さまも増え、多少残ったものの用意した野菜達はほぼ完売状態でした!
一方の北部の方たちとのコミュニケーションについては、まだ少し時間が必要かな~と思いましたが、当り前です、今日が初日ですから。しかし明らかに前に進んでいる実感があります。これらの地道な活動が必ず実を結ぶと信じています!
それを裏付けることに、建物と土地を提供してくれる方が現れたのです!

また来週は”彼岸花の会”の活動です。とても楽しみです。どのくらい前進しているのかな~っと思うと・・・。
[PR]
by desture | 2009-05-10 21:48

ライブそして勇気

昨日、久しぶりに渋谷に行ってきました。しかし、相変わらず都会は苦手だな~と思いましたね。よくぞサラリーマン時代に通勤していたものだと過去の自分に関心してしまいました。
渋谷に行った理由は、”さとちき”というシンガーのライブに行って来たんです!
きっかけは、”DESTURE”の女性スタッフがこの”さとちき”の友人で、CDを聞かせてもらったのがきっかけなんです。正直、女性スタッフからCDを渡された時は、「この歳になってこんな若い人の歌に感動するのか?」と疑問を抱きつつ、即、帰りの車の中で聞いてみました。

二胡という中国楽器の演奏から入り、その音色の美しさに引きこまれ、何の違和感もなく集中してしまいました。

「ん、なんだろうこの感じ、どこかで聞いたことのあるようなメロディ」

抜群に歌唱力があるとは思えないけれど、包みこまれるよな優しい声、何かを語りかけてくる、メッセージが伝わってくる。

「あっ、そうだ。この人の歌には嘘がないからだ!」

本当に久々に心に響いた素敵なシンガーと出会うことができたという思いでした・・・。

こんなにも直ぐにライブで生の歌声を聞けるとは思わなかったが、ライブが始まる前のお客さまを見て、私が感動したことの理由が改めて理解できました。
たくさんのファンの方がいる中で、若い女性ファンはもとより、私を含めた男性ファン、小学生の子供などその年齢層にびっくりしました。(これだけの方に感動をあたえていることの事実)
そして、CDを初めて聞いた時の感動をはるかに超える素晴らしいステージを”さとちき”は見せてくれました。
今まで、いろんなアーティストを見て聞いてきましたが、確かに”歌が上手い”アーティストはたくさんいます。しかし、心に響く優しい歌声を持っているシンガーはそう簡単には出会えません。まさしく”さとちき”は私たちに優しい心のメッセージを送ってくれる数少ないシンガーだと思います。

私も”DESTURE”開業という人生最後の”夢”に向かって歩んでいます。”さとちき”のライブはそんな私に今、とっても大切な”勇気”を改めて感じさせてくれました。

ありがとう!”さとちき”

















b0173756_13472740.jpg
[PR]
by desture | 2009-05-09 13:46