<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

準備する楽しさ

今日も一日飛び回っていました。
これから来月の営業開始まで多忙な日々が続きそうです。
今日は販売活動に使用するある物の制作案の打ち合わせに夕方、二宮に訪れました。
ワクワクした気持ちで、早速、制作案をいくつか見せていただきましたが、どの作品も素晴らしく
予想どおり、Qualityの高いものになっていました。当然、今日決めることは出来ませんでしたが、
今週末珈琲の協力をしていただいている友人の意見も聞いて最終的に私が決定したいと思います。
本当に全て個性的で、予算が許せば全てのパターンを作りたいぐらいです!

その後、隣接するイタリアンレストラン”ルスティカ”さん(ここのお店の内装は、今回私が依頼している制作物の家具職人さんが手掛けたところです)で夕食を取り、久しぶりにオーナーと奥さまとお話することが出来ました。このところ、開業準備の関係で、いろいろと予想外の展開が立ちはだかり、思わず

「いろいろ問題があって大変ですよ!」(私)

「でも、楽しいじゃないですか!いろいろあった方が面白いですよ!」(オーナーの奥さま)

てな会話があり、一瞬「えっ!結構大変だけれど・・・」っと思いましたが、準備する段階での苦労を、逆に楽しむくらいの精神力が無ければ、お客さまに感動や安らぎを与えることは難しいかもしれないと思いました。
これぞまさしく準備する楽しさかもしれません!
明日も一日茅ヶ崎と小田原を飛び回っていることでしょう。
確実に今日も、前に一歩進んだな~っと実感した日でした。
[PR]
by desture | 2009-10-29 23:29

嬉しい出来事!

今日は本当に一日中飛び回っていました。午前中は茅ヶ崎の保健所へ、その後は作業所の契約の為、寒川の不動産へと飛び、その後は作業場所の近くの駐車場を借りる関係で、寒川の別の不動産へ契約を交わしに訪れました。
実は、昨夜、この不動産へ問い合わせをしたところ、電話の対応が少し横柄で気になっていたのすが、今日、不動産の事務所に訪れたところ、「絶対に昨日電話にで対応した方はこの人だ!」と、ひと目でわかりました。しかしながら、そんな心配も直ぐにふっ飛んでしまいました。

来月からスタートさせる販売方法を説明したところ、「ん~面白い仕掛けだね!」「売り手と買い手の会話が出来るね!」と言っていただき、それだけでも充分に満足していたのですが、「営業が開始したら様子を見に行ってもいいかな?」と問いかけてくれまして、はじめ電話で受けた印象と全く違う姿を見せてくれました。

午前中に訪問した保健所では、全く違うことを言われ、「あんなところで商売なんて無理じゃない?」「もっと街中の方がいいんじゃない?」と散々言われ、悔しかったですが、直ぐに頭を切り替えて、「ん!このようなお客様もたくさんいるのだから、むしろこのような方々の常識を覆してやろう!」と逆に力が湧いてきました・・・笑
[PR]
by desture | 2009-10-26 23:30

DESTUREのパン!

「ん!これは美味い!」
久しぶりに心からそう思うパンに出会えた感じでした。

DESTUREのパンは今年4月にスタッフの綾さんが試作品として作ってくれたものでした。その時は、初めて作って来てくれた嬉しさと天然酵母ということで、素直に美味しいと思ったのですが、その後、数多く試作品を作り、試食会を通じたアンケート調査を実行するに伴い、確実にクオリティが上がっているのが確認できていました。
今日の試食では皆さんが良く口にする?飲む?”ある物”を主役にしたパンでした。
前日の打ち合わせの中で、私からスタッフにリクエストをしたところ、翌日の今日、一日で試作品を作ってくれました。その真剣な姿勢にも感動し、早速、食べてみたのですが、これがもうびっくり!
私の想像をはるかに超える味、風味、そして素材の良さを活かしたパンに仕上がっていました。
”DESTURE”のパンだからということではなく、本当にとても美味しかったのです。
しかしながら、やはり人には好みがあります!それは昨日と同様のメンバーで今日も打ち合わせをしたのですが、この友人の意見は3種類全てに対し、厳しくも貴重な意見を言ってくれました。
でも、今日、試食したパンは必ずDESTUREのパン部門の主役になる商品だと思います。
そしてもう一つ嬉しいと感じたことがあります。それは綾さんと友人が真剣にDESTUREに対して考え、貴重な意見を言ってくれて、しかも、即、行動を起こしてくれたことです。
この仲間達は私の大切な財産です。

さぁ~!また明日もハードルを一つ越えてやるぞ!夢の達成のために・・・。

b0173756_105157.jpg

追伸:今日は雨の降る中、稲刈りを先週に引き続き体験させていただきました。私たちDESTUREのスタッフがお手伝いさせていただいている、”彼岸花の会”主催の稲刈りです。
先週の稲刈りは、タンザニアの方をご案内したので、十分な実体験は出来ませんでしたが、今日は本当に満足出来ました。
今は殆どの農家さんは機械による作業が中心だと思いますが、今回のような手作業を体験すると、「本当に昔の農家の方は大変だったんだな~」と心から思いました。そしてまた、改めてお米をはじめとする農作物に対し感謝の気持ちを忘れてはならないと強く感じました。
[PR]
by desture | 2009-10-25 23:01

打ち合わせです

今日は午前中から茅ヶ崎で”DESTURE”の仲間達と打ち合わせをして来ました。
特に今日は来月から始める営業活動において珈琲を販売するのですが、その関係で珈琲部門でご協力をいただいている友人との話し合いが中心でした。
珈琲豆の仕入価格や販売方法など短い時間でしたが確認する事が出来ました。

この友人が”DESTURE”のためにブレンドしてくれた”DESTURE里山ブレンド珈琲”(仮称)がとても美味しくて、初めて飲んだ時からファンになってしまいました。
もちろん里山をイメージしているので、この珈琲を飲みながら、里山の自然の中でゆったりとした時間を過ごせたら、最高に贅沢で優雅なひと時を満喫できると確信出来ます。
”DESTURE”が提供する里山ブレンド、是非、皆さまにもお楽しみいただけたらな~と思います!
[PR]
by desture | 2009-10-24 23:18

DESTUREのメニュー開発

今日は久しぶりに下北沢へ行きました。
相変わらずいい感じの街です。下町に次いで唯一私が好きな東京の街かも知れません。
その下北沢で今日は、DESTUREのフードメニューについて打ち合わせをしました。
メニュー開発について私が依頼した方は、今年卒業した料理学校で一緒に学んだ女性で、いつも私の隣で授業を受けていた方です。
この料理学校で学んだ生徒達は、とても仲が良く、卒業後も度々集まって、お互いの近況報告をするなど、親睦を深めています。

実は、今年の7月に一度お会いして”DESTURE”について、理念やコンセプトをお話し、是非、DESTUREの料理スタッフとしてご協力いただけないかお願いしたのですが、様々な問題や目標があったため、私としては諦めざるおえない状況だったのです。
しかしながら、「メニュー開発はご協力出来るかもしれない」とのお言葉をいただき、今回の打ち合わせ開催に至ったのです。

改めて”DESTURE”の理念やコンセプト、メニューに関する基本的な考え方等をお話し、今回依頼した理由を心を込めてお話したところ、快諾していただきました!!

ホッとしたと同時に本当に嬉しさがこみあげてきました。それは”DESTURE”の理念の一つである人と人との繋がりを大切にしていくこと=それが最終的には”DESTURE”にとっても、私個人にとっても最大の財産になると信じているからです。料理学校で一緒に学び、お互いに親睦を醸成し絆が深まったことが、今回のような依頼に繋がったことが本当に嬉しいのです!

明日は来月から展開する販売活動についての打ち合わせです。クリアしなければならない問題もたくさんあります。でも、私の財産である仲間達とともに、その壁を突破してその先にあるスタートラインに必ず立ちます。

”努力は無限”です。
[PR]
by desture | 2009-10-23 23:19

諦めない!

来年4月の開業に向けて、粛々と準備を進めているところですが、やはり様々な問題が発生しています。
数か月前は、「もう少しで開業場所も決まるぞ!」と感覚的に感じることもあり、ワクワクしていた時期も何度となくあったのですが、その度に契約寸前になると問題が生じ、正式契約までこぎつけることが出来ずに、現在まで来ています。その他融資の関係や行政関係など予想を超えた問題も発生しました。
しかしながら、何と言いますか、いい性格なのか?苦境に立てば立つほどやる気が漲ると言うか諦めない自分がそこにはいるのです。(どうしようもないですね~笑)

来月からスタートする営業活動はそうした中から選択した唯一の方法です。現在、その準備に追われていますが、今まで誰もしたことがないような方法で販売活動をする予定です。
今日もそのデザインの関係で二宮で打ち合わせをして来ました。
さてどんな方法で販売するのでしょうか?このブログでの具体的な発表は前日にする予定です。
                       私は諦めない!
[PR]
by desture | 2009-10-21 23:07

葉山の朝市

今日は”かながわ朝市ネットワーク”の交流会があり、会場となった葉山の朝市に行ってきました。
葉山と言えば、私は、”葉山マリーナ”と”御用邸”が思い浮かびますが、久しぶりに訪れた葉山は、とてもゆったりした空気が流れ、幸せな気分に浸ることができました。
朝市の方は、予想していたよりも規模が小さかったのですが、たくさんのお客さまが来店され、行列を作っていて、今まで私が観てきた朝市の姿を変えるものでした。
その後の交流会で、会長から毎週実施されているということに驚いてしまいました。毎月1回でも大変なのに毎週とは・・・しかも20年前にスタートしてから現在まで毎週実施していることに、さらに驚いてしまいました。
また、参加している各店舗さんは、全員プロの商売人の方達なのです。

朝市から地域の活性化を促し、参加している各店舗、さらには商店街の発展(売上UP)へ繋がることを、目的とされ、その成果は確実に達成されているようです。(本当にすごいです!)
しかしながら、さらに驚いたのは、今後、この朝市を毎日実施しようと言う野望もあるとのことでした!
でも交流会の中で、会長がおっしゃった「商売を行う上での最大の財産は”人”だ」と言うことに、共感するとともに、今回のような交流会に参加することで、今後自分の財産になるべくたくさんの方と出会えることが何より幸せであり、私が商売を進めるうえで非常に大切なことであることを改めて認識いたしました。

さぁ、明日からいろいろ決めなければいけないことが目白押しです!”DESTURE”としてもいよいよ勝負の時が来ました。


b0173756_042057.jpg

[PR]
by desture | 2009-10-18 23:46

稲刈り体験!

いゃ~このところ忙しく、ブログを投稿することが出来なくて、4日ぶりの投稿です。
今日は何と久しぶりに稲刈りを体験しました。過去の稲刈りの記憶と言えば、確か小学校の課外授業で、しかも、学校の敷地内の小さな田んぼだったような気がします。
しかしながら、今日は”おだあし会”の方のご協力の元、素晴らしい体験をすることが出来ました。
実は今回は、私の友人から、タンザニアの珈琲農場の方が来日し、その方の希望で、是非、日本の田んぼを見学したいとのリクエストにこたえるべく依頼があり、急きょセッティングしたのです。
会場になったのは、小田原市久野にある”はじめ塾”さんが管理している田んぼで体験させていただきました。
下記の写真のように、参加したタンザニア人の方は、一緒に参加していた塾生達の指導のもと、楽しそうに作業をしていました。また、日本の農業技術の高さにも関心され、特に肥料や農機具について本当に関心するほど熱心に質問をしていました。
はじめはどうなるかと思っていた今回の”ご案内”も無事に終了することが出来て”ホッ”としました。



b0173756_0151880.jpg
b0173756_0155968.jpg
b0173756_0162815.jpg
です。
[PR]
by desture | 2009-10-17 22:56

DESTUREにとって大切な人

昨日、今日と本当に秋晴れのいい天気が続いていますよね!
そんな中、昨日はDESTUREにとって大切な人と久しぶりにお会いすることができました。
この人がいなければ、今日まで開業に向けての諸活動がスタート出来なかったんではないかと言っても過言ではないくらいお世話になっています。と言うか何か運命的なものを感じてしまいます。
現在、DESTUREにて活躍&協力いただいている、スタッフの女性もこの方の紹介ですし、イギリスから帰国し、「さて、何から行動していいのか?」と摸索している時に、地元茅ヶ崎のNPOを紹介していただき、具体的な活動をスタートできたきっかけにもなりました。
そして何より、この人から受けるパワーに私自信が勇気づけられることです!
この先DESTUREが開業し歴史を刻んでいく過程において今後も、重要なポイントでまた様々なアドバイスや気づきを与えてくれるんだな~と、久しぶりにお会いして改めて感じました。
[PR]
by desture | 2009-10-13 23:39

秋晴れの里山

今日は秋晴れの里山へ現地調査も兼ねて訪れました。
連休も手伝ってか、子供連れの家族やトレッキング、野鳥撮影の方たちなど、多くの方が来ていらっしゃいました。私も清々しい気持ちになり、心穏やかに各々楽しんでいる方たちの姿を眺めていました。(ん~いい感じ・・・幸せ!)
今日は、以前から気になっていた、古民家に住んでいらっしゃる住民のお宅を訪問しました。
既に情報として、この方が土地や借家?(農家の古民家)を貸す気持ちがないのは、他の地元の方から知り得ていたのですが、私の活動と顔を知ってもらいたいのと、単純に、こんな素晴らしい家に住んでいる方はどんな方なのか興味があったからです。

我々の突然の訪問にもかかわらず、笑顔で対応していただき大変嬉しかったです!
個人的な感想ですが、こちらの家に誇りをお持ちのような気がしました。(素晴らしい!)
そんな方に私は、思わず
「この素敵な家屋を取り壊さないでくださいね」っと勝手なことを言ってしまいました。
やはり、敷地内の古民家を貸す気はないのですが、これでまた一人知り合いが出来た感じです。

里山の地での商売は難しいと誰もが思っている中、地味な活動ではありますが、今回のような活動と営業を合わせた販売活動を近々実行する予定でいます。
[PR]
by desture | 2009-10-11 19:26