茅ヶ崎の里山

カントリーパブを開業したいと決めてから、さて何処にすれば良いのか・・・。
そんな時に直ぐに頭に浮かんだのが、茅ヶ崎市芹沢周辺でした。
どうして?
就職して初めて単独で現場を任された時に、たまたま芹沢地区を担当していて、小田原
に住んでいる私にとっては、
「へぇ~まだ茅ヶ崎にもこんな自然があるんだ」
茅ヶ崎=海と思っていた私にとって結構驚きでした。もちろん、現在のような里山公園など存在していなかったのですが、単純に
「いいな~、のどかだな~」
なんて思っていました。
ですから、当時は芹沢方面に仕事が発生すると、「ラッキー!」なんて思っていたのを今でも思い出します。

イギリスから帰国し、先ず訪れたのが芹沢でした。
ゆっくり時間をかけて歩いてみると、まだ自然が残っており、富士山や箱根、丹沢山系の美しい眺望も堪能できるなど、改めてこの場所の素晴らしさを認識しました。
「どこかに似てるな~?」「この長閑な雰囲気」
「あっ、そうだCotsworldだ!」
イギリスに滞在していた時のCotsworldにそっくりだったんです(私だけかも・・・)
直ぐに写真を撮り、Cotsworldに住んでいるイギリス人の友人に写真を送り確認したところ、
彼から、
「東京から電車で1H程度でこんないい場所があるんだ」
「Cotsworldに似てるじゃん!」
と返事が返ってきました。
また、その彼から、
「ここにお店を出すんでしょ?」
って言われ、何も決めていないのに、
「もちろん!」
って答えてしまいました。でも、後から考えてみると偶然にここに来たのではなくて、何かに引き寄せられるように訪れた感覚があったのも事実で、勝手に神様の導きだと、“根拠のない自信”(今後このフレーズがポイントになります!)とともに、この場所で開業することを勝手に決めてしまいました。(笑)

がしかし・・・
[PR]
# by desture | 2009-04-26 15:59

運命+未来=Desture

はじめまして。Akiことタカヤマ マサアキと申します。

私は現在、湘南茅ヶ崎でカントリーイングリッシュパブ&ダイニングカフェを開業するために
さまざまな活動しています。
​私のお店のコンセプトは、地産地消を基本に地域の人々に愛され、地域に根ざしたパブ&
ダイニングカフェを開業したいと考えております。

​現在、関東地方では首都圏をはじめ数多くのイングリッシュ&アイリシュパブは存在します
が、カントリーパブはそれほど存在していないと思います。
一度でもイギリスの田舎町(特に私はコッツウォルズ地方が好きです)のカントリーパブに訪
れた方は、絶対にその独特な雰囲気に魅了されたはずです。(私だけかな~?)

​湘南といえばほとんどの方が、海を想像されると思いますが、茅ヶ崎の山側は里山もありま
だまだ自然が残されています。そんな山の雰囲気が私のカントリーパブには最高のロケー
ションなのです。

​お店の名前は既に決定しております。
​THE​ DE​STU​RE ​INN(​cou​ntr​y s​hon​an ​pub​&di​nin​g c​afe​)
​”​DES​TUR​E”とはDES​TIN​Y(運命)とFUT​URE​(未来)の造語です。
​私達の運命は未来に向け、自分の力で変えていくものだと言う思いから生まれた言葉です。

開業まで険しい道のりですが、幸いにも素晴らしスタッフとの出会いもあり、必ず”夢”を叶え
たいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!
[PR]
# by desture | 2009-04-25 16:31 | ごあいさつ